合格率の高い簡単資格ではっぴーらいふ

簿記3級について

就職活動を目前に控えて簿記の資格を取得しようと思いっているあなた。

 

簿記は学生に人気があり、そこそこ企業にも評価される資格ですので就職活動の際に取得する資格として定番といえます。

 

でも使い方を間違えないで下さいね。

 

よくRPG(ロールプレイングゲーム)であるじゃないですか・・・。どんなにすごい武器を持っていても、それを使いこなす経験値がないと全く効果が発揮できないような物が・・・

 

間違った武器を手に入れようとするのはお金と時間の無駄なんです。

 

でも勘違いしないで下さいね。簿記の資格取得の意味が無いといっているのではありません。使い方の問題なのです。

 

 

簿記の資格を持っている方は未だに「あなたはうちの会社に入って何がしたいですか?」と聞かれると

 

「経理部門で仕事をしたいです。」と答えてしまう方がいます。

 

 

あなたは、これが正解と思っていませんよね。

 

 

この答え方で攻めるのであれば最低でも簿記2級は必要です。もっと高価な武器を持って使いこなせるスキルが必要ってことですね。

 

 

経理部門というのは専門職になるので入社時から知識のある人を採用する傾向があります。

 

就職活動の前に簿記2級を取得して経理の仕事につきたいと思っているひとはゴロゴロいます。

 

ですので就活を目前に控えて慌てて簿記3級を取得したとしてもこういった方法では効果を発揮しにくいのです。

簿記3級をどうやって武器にする?

では簿記3級はどのようにして武器にすればいいのでしょうか?

 

答えは、簿記3級で学習した内容を絡めて面接の受け答えに使うというやり方をマスターして下さい。

 

面接の受け答えといっても志望動機に絡めると効果は薄いですよ。
志望動機は面接で質問されることが多いのであらかじめ簿記に絡めて作っておけるという点で簡単ですが誰もが考えます。

 

誰もが考えるということは、企業の採用部門の人には簡単に見抜かれちゃいます。

 

ですので使いどころは学習した内容を絡めて面接の受け答えの際に使うのです。

 

 

面接で以下のような質問をされたとしましょう。

 

「あたなは最近何か新しい発見をしましたか?」
こういった抽象的な質問を受けた時が実はチャンスなのです。学生さんの個性うやセンスが見えやすいですからね。

 

このような質問の受け答えに簿記の知識をさりげなく入れ込んで使いましょう。

 

 

えっ?もう少し具体的に??突拍子な例ですよ

 

この前学園祭があった時にサークルで焼き鳥店を出したんです。ただ単に店を出すだけなら面白くないので2つのグループに分けてどちらの利益が多いか競うことにしたのです。2つのグループとも折半で同じ肉を仕入れて販売価格は店で自由に設定して勝負をしたのです・・・。
みたいな感じだとどうでしょう?

 

そしてその結果こういう発見がありました。とまとめるとさりげなく簿記の内容につなげることも可能ですよね。

 

質問の返答に
「夏休みに自分の行ったことの無い地区に行きたくなって青春18切符を使って○○地方に行ってきました。」
その中で自分の行ったことのない△△という場所でのことなのですが・・・。

 

という内容の文章だとまとめるのも大変ですし、発見が面接官に共感されにくいですよね。

 

 

話が少しそれてしまいましたが・・・。

 

あなたに伝えたかったのは、面接の受け答えに使えるようになると簿記3級がすごい武器に変身するということです。

 

戦うのは武器ではなくて「あなた」なんです。その武器を生かすも殺すも「あなた」次第なんです。

 

ですから簿記3級を就職活動の武器として活用するには、普段の学習の際にも、「あっ」 この部分って面接に使えるかも・・・。と思いながら学習することを忘れないで下さいね。

 

簿記3級は本気になれば5日で合格する知識が身に付きますよ。

 

簿記講座 無料資料請求はこちらから

 

ユーキャンの簿記(3級)講座