合格率の高い簡単資格ではっぴーらいふ

販売士について

就職活動を目前に控えて何か資格を取得しようと思いっているあなた。

 

販売士という資格をご存知ですか?

 

エクステンションの資格講座で導入している大学が多いですよね。ということはそれだけ人気があり、取得後上手く使えば就職活動の武器として利用できるのです。

 

しかも販売士は学習時間が少なくても合格しやすいというメリットがあります。就職活動が目前に控えている学生にとってはありがたい資格の一つです。

 

でも販売士を就職活動で有効使っている人が非常に少ないのが現状です。
まあ、販売士に限ったことではないのですが、学生さんは就職活動に向けてせっかく取得した資格を上手く使えない(使っていない)人が多いんですけどね。

 

就職活動を成功させるには企業から内定を貰うことですよね。あなたは自分の希望する企業から内定を貰うために資格を取得するわけです。

 

ほとんどの大学が学生向けに就職活動セミナーを開いていますが、ピントがずれていたり、いっぱい話しすぎて内容がぼけてしまっているケースがほとんどです。

 

就職活動を成功させる方法をこっそりあなたに教えてあげます。

 

それは・・・

 

「ニーズ」と「ウォンツ」です。これだけです・・・。

 

当たり前なのですが企業は自社の成長にプラスになる人材を募集しています。
こういったスキルを持っている人が欲しいとか会社の体質が体育会系だから体育会系の学生が欲しいとかいろいろある訳です。

 

企業は説明会などを開いた後にエントリーシートを出してもらって、まずは自社に合ったニーズの人材を残していくのです。ですのでニーズを最低限満たすためのテクニックは大学でも教えてくれます。

 

でも企業のニーズに合ったからといって採用される訳ではありません。当然ですよね。

 

ニーズに合った人は全員残っているのですから・・・。

 

そこで次の段階である「ウォンツ」が必要になるのです。企業にあなたを欲しいと思わせないと駄目なのです。

 

就職活動が上手くいかないという方がいますよね。大学の就職担当の人が、どうしてこの学生が内定もらえないのかと・・・??。

 

理由は簡単です。

 

企業からみてその学生が欲しいを思わないからです。就職活動が売り手市場の場合ニーズだけ通用するのですが買い手市場になると極端に企業は採用を厳格化します。

 

すなわちあなたを欲しいを思わせる「ウォンツ」がないといつまでたってもある程度面接が進むとそれ以上にいけないのです。

 

 

販売士の資格をどのようにしてウォンツとして生かすのか?

 

例えば面接でなんとか下記の話題になるように持っていきます。(あくまで一例です)

 

私の所属しているサークルでは毎年グループを3つに分けて同じ食べ物の店を出店しています。そして2つのグループに分けてどちらの利益が多いか競うことにするというイベントを行ってます。

 

実際に3年間行ってみた感想は、単に販売価格を安くすれば儲かるとか、材料費を安くすればいいとかそんな単純な物ではないことが分かりました。
売るために(購入してもらうために)販売価格や仕入れ価格を考えているグループや店の看板を目立つようにして集客をしているグループやタイムセールを行ったり、女性が中心になりチケット購入してもらったりとかなり本格的なサークル内のイベントになってきました、

 

 

どこが販売士と繋がるかですって??

 

実は販売士という資格は販売に関連する内容を横断的に学べる資格なのです。

 

簿記だと数字がメインになりますし、情報関連の資格だと情報だけの知識になってしまいますよね。

 

 

販売士は販売に関して浅く広く学べる資格ですので就職の武器として実は最適なんですよね。

 

例で出したような内容がぽんぽん浮かぶようになりますよ。

 

 

興味ありませんか?